【ダイヤモンドの知恵】4フラワーとは何?

こんにちは、TOMOです。

今までゲシェマイケルのダイヤモンドの知恵においての重要な、4ステップと4パワーについて学んできましたね。

■4ステップとは

■4パワーとは

それでは本日はこれまた重要な4フラワーというものについて、解説していきます。

マイケルローチ ダイヤモンドの知恵 4フラワーとは

この4フラワーとは、

私達が植えた種がどういう形であらわれてくるか

ということを言っています。

マイケルローチがダイヤモンドの知恵の、

4フラワーとはこの4つになります。

①いつも与えたものと同じものが手に入る

②行動は習慣になる

③周りの人や環境を作り出す

④次の世界も作り出す

 

 

んーめっちゃ深いですね。

それでは個別の説明をしていきます。

マイケルローチ 4フラワー①いつも与えたものと同じものが手に入る

これは種の法則 スイカの種を植えたらスイカしかならないに代表されるように、植えた種=与えたもの以外は手に入らないということになります。

お金を与えたら、お金が手に入る。

健康をサポートしたら健康を手に入る。

常に周りに目を配らせて、与えること=手に入るものということを徹底してください。

マイケルローチ 4フラワー②行動は習慣になる

2つ目は行動は習慣になるという種です。

嘘をつく行動をすれば、嘘の種が植えられます。

嘘の種が植えられたら、次の嘘を引き出します。

そしてその嘘の種が次の嘘を引き出すことが連鎖することによって、習慣になっていくのです。

逆に言えば良いこともそうです。

お金を与えたら、与える喜びを感じて、またさらに与えるという習慣ができます。

マイケルローチ 4フラワー③周りの人や環境を作り出す

3番目の花です。

周りの人や環境を作り出している。

これはあなたが作った種によって、

周りの人や環境すべてを自分が作り出さいているということです。

まさに花が環境になるということです。

あなたに詐欺をする人が現れるとします。

その場合、その詐欺の人自身もあなたが作りだしているということです。

環境も、あなたの周りに現れる人も、すべてあなたが植えた種が開花した結果として出てくるということです

なにか嫌なことやトラブルが起こったら、まさにあなたが作り出しているという、この4フラワーの3番目を思い出すといいでしょう。

マイケルローチ 4フラワー④次の世界も作り出す

4フラワーの4番目です。

これは非常に大事な項目です。

あなたの種は次の世界も作り出すということです。

 

種は1秒間に65個でていて、65個映像を作っています。

1秒間に65個の映像が、あなたの意識から投影されてあなたの周りの世界を作っています。

映画でいうと1秒間で48枚の静止画が投影されて、滑らかな動画が作られています。

その映画の映像よりも1秒間に投影される枚数が多く、精微な現実を作っているのが私達の種です。

そしてこれは映像だけでなく、匂いや声などの音、感触など五感にふれるものも作り出して投影しています。

 

また別の種の法則として24時間で倍になるという法則があります。

毎日毎日種は24時間ごとに倍になるという複利で増えていきます。

そして毎日増えていきますが、最終的に人は人生を終える時がきます。

使い切れていない種というものも出てきますが、これはどうなりますでしょうか。

これらの種は来世の世界を作っているのです。

なので人生の最後でたくさんの良い種を植えていた人であれば、来世でとてもよくなります。

逆に悪い種ばかり植えていて、なくなるときに悪い種が多い状態で亡くなった場合は、来世は悪い世界になります。

悪い人でも成功しているのはなぜですか?

よく良いことをやっている人が最後寂しく亡くなっている人もいますし、世の中から憎まれるような悪いことばかりやっている人もいますよね。という質問があります。

これは何故かと言うと、種はランダムに発芽します。

お金持ちになっている人は、必ずお金持ちになる種を植えていた結果です。

なので現在悪いことをしている、悪い種を植えているとしたら、必ずその種も発芽します。

この世ではそのまま逃げ切れるかもしれませんが、来世ではわかりません。

またいいことはしているのだけれども、悪い種が消化されていないことによって、なかなか良い種が発芽していないパターンもあります。

そしてコーヒー瞑想をすれば、種に水をあげているので、すぐ発芽する可能性が高いです。

しかしコーヒー瞑想をしていなければ、数年先か何百年先に発芽するかは、ケースバイケースのランダムでわからないということになります。

なのでしっかりコーヒー瞑想をする必要があります。

マイケルローチ 4フラワー まとめ

4フラワーのこの4つの花

①いつも与えたものと同じものが手に入る

②行動は習慣になる

③周りの人や環境を作り出す

④次の世界も作り出す

ですが、結果的に毎日自分の欲しいものを設定して、それをきちんと与える。

そしてきちんと与えたものこそが、次の種も植える行動につながり、現実の環境だけでなく、来世まで形づくるということになります。

日常的に与えることが、すべてを作り出すという非常に重要な教えになりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA