悪いことをしている人でも成功しているのはなぜ?

こんにちは、TOMOです。

この世の現実は、すべて自分が植えた種から作られています。

良い行いをすれば、良い種が植えられて、悪いことをすれば悪い種が植えられます。

なのでたくさん良いことをすれば、良い現実が作り出されていきます。

しかし現実社会を見ていると、成功しているのは必ずしも良い人ばかりではない気がします。

人を騙したり、法律を犯しても成功している人もたくさん見られます。

みなさんもそういう人が、おそらく何人か頭に浮かびますよね。

私も社会的弱者を利用して、稼いでいる人をみたことがあります。

誰が見ても良いことをやって稼いでいるようには見えません。

でもそれだとこの「種の法則」があてはまらないのではないか?と思いませんか?

悪い種を植えても、良い種が発芽していますものね。

それについて説明したいと思います。

ゲシェ・マイケル・ローチの種の法則には、特例がある!?

この悪いことをしている人が成功している場合があるということは、この種の法則には特例があるんじゃないかと思われるのではないでしょうか。

でもそれを言い出したら、何が特例で何がその法則に沿ったものなのかということが、わからなくなります。

ではなぜこの悪いことをしているように一般的には見える人が、特例にあてはまったのでしょうか。

この種の法則には、一切特例はありません。

すべて種からできているのです。

なぜ悪い人が成功しているのか?

それではこの悪い人はなぜ成功しているのでしょうか。

成功というとかなり抽象的になるので、人をだましたり、方法を選ばずビジネスを拡大させて、経済的成功をしている会社の社長の事例としてみてみましょう。

従業員からは安い給料でこき使われれて、憎まれています。

取引先の商材などもうまく騙して自分たちのものにしてしまい、取られた会社は廃業してしまいました。

客も最初聞いていた条件とは異なる、高額の契約をうまく言いくるめられて契約してしまっています。

それでもこの社長の元にはものすごい収益が入ってきています。

このどこがいい種をまいているのでしょうか。

必ずこの社長は良い種をまいている

現在の状況を見ると、一つも良い種をまいているようには思えません。

不思議です。

しかしこの社長が経済的に成功しているのは、必ずどこかで良い種をまいているのです。

それはこの社長が子供の時かもしれません。

少額でもコツコツと寄付をしていたのかもしれません。

赤い羽根のようなものを熱心にやっていたのかもしれません。

こういった種が、小さくても24時間で倍になります。

それが時間が経過するとものすごいパワフルな種になって現実を変えているのです。

良い種をまいているのは、現世ではない場合もある

実はこの良い種をまくというのは、必ずしもその人が生きている間に限られていないということもあります。

どういうことかというと、前世など生まれる前に、良い種がまかれていることもあるんですね。

前世でたくさん良いことをして種をまいて、その種を今世に持ち越した場合も、良い種をたくさん持っていることになります。

それが大人になって、種が発芽して、現実が作り出されて、成功に繋がっているということもあるのです。

それでは前世ですべて決まってくるのか

それでは今不幸な現実が目の前で起こっているのは、前世で悪い種ばかり植えてきたからではないか?

と思われるかもしれません。

こればかりは人によりますが、たとえ自分が心当たりがない悪い現実にあったとしても、悪い現実は4パワーといって、悪い現実の真逆のことを行うことで、悪いものを小さな段階で発芽させて、いい現実に転換していくことができます。

4パワーについてはこちらをお読みください。

なので現実に起こっていることも今の自分次第変えることはできるので安心してくださいね。

悪い種を植えていれば必ず悪いことも起こる

今まではあくまで悪いことをやっているのに、良い現実が起きているという点について説明してきました。

しかし種の法則には、悪い種についても特例はありません。

悪い種を植えていれば、必ず悪い現実が起きるのです。

なので先ほどからの例に出ている社長も、今までは良い種が発芽したことによって、良い現実として経済的成功をしていました。

しかし今みんながみても悪いことを行なっていると思われているということは、悪い種を植えている可能性が高いです。

まだこの悪いことが起こっていないとしても、悪い種は発芽する順番待ちをしています。

マクドナルドのカウンターに注文待ちしているように、順番に種は発芽するのを待っているのです。

そして悪い種の順番になった時、現実は悪い現実として作り出されます。

これにも特例はないのです。

まとめ 今だけを見ない

今の瞬間だけを見ると、周りでも羨ましい状況の人がたくさんいます。

そしてそれに比べて自分は・・・・となってしまうこともあります。

しかしそれは自分で作り出しているだけです。

今自分でできるのは、良い種をコツコツまいていくことですよね。

小さくてもいいので、自分の周りを明るくするような良いことをやっていくことが、結果として自分の人生を素晴らしいものにしていきます。

小さな種でも24時間で倍になっていきます。

ぜひみなさん小さな良い種をたくさんまいていってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です